社長(増田)がジャンルにとらわれず不定期に更新していきます

サイトマップ

社長の独り言

趣味が高じてCD自主製作

2008年3月
ギター
CD

そもそも私がギターを手にしたのは16才の夏、 拓郎の「結婚しようよ」を聞いたときだった。
ギターが欲しい一心でバイトに明け暮れやっと手にした5万円のギター・・・私のコレクションの中でも一番いい音色を醸し出してくれる。
30代は時々思い出したようにギターを引っ張り出す程度だったが、40才を過ぎてその頻度が少し高くなり、45才の頃何気なく弾いてい たときに歌らしきものが突然できた。思い出というよりは創作曲だったが、一つできると家族のこと、友人のこと、社会へのメッセージみたいなもの・・と次々に形になり今では40曲を越えるまでになった。丁度その頃技量を高めたいと思いギター教室へ通い始めた。ある日自作曲があることを先生に話すと録音してみようということになった。そして次のレッスンの時にはパソコンで伴奏を付けて仕上げて下さった。できばえにびっくり仰天、大感激!  以来足かけ3年で15曲を収録。せっかくここまでやってきたのだからCD作ったらと勧められ、このたび人生の1ページを形で残すことになった。曲作りを始めたこと、ライブをやったこと、CDをつくることになったこと・・・すべてはいろいろな人とのつながりがあってできたこと。CDタイトルの「君に会えてよかった」は曲の内容とは別に、特定の君ではなく、今まで関わりのあったすべての人を意味しました。たった一度の短い人生、一生懸命に仕事して、一生けん命に家族を守って、一生懸命に楽しむ・・・その結果を形に残せたらと思い恥ずかしながら製作したものです。