高速旋回気流で温度上昇を抑える 平均粒径5μmの気流式粉砕機(ジェット粉砕)

サイトマップ

気流式 超微粒粉砕機  セレンミラー

セレンミラー内部構造

高速回転するローターブレードにより、粉砕室内で超高速の空気の旋回渦流を発生し、衝撃・剪断・圧縮・摩砕・高周波振動等の作用をもって原料を超微粒化する気流式粉砕機です。

本機はジェット粉砕と衝撃式粉砕、そして石臼式摩砕の三つの粉砕原理を複合化したハイブリッド粉砕機です。ス クリーンを内蔵しておらず、構造がシンプルな為、堅牢で故障はほとんどありません。又、粉砕室内に分級機能を有しており、それにより粗粒子は何度も粉砕室 に戻されて繰り返し粉砕されるため、5~10ミクロン級の極めてシャープな粒度分布の超微粒子が簡単に得られます。

粒度調整は回転数・分級盤クリアラン ス・原料投入量・風量調整等の設定条件を変えることにより可能となります。   (全機種、水冷ジャケット標準装備)

図面のダウンロード  PDFファイル  DXFファイル(CADデータ用)

セレンミラー商品紹介